諦めていたシワが消える?!ボトックスの効果とは

シワを消すことができる

ボトックスは、クロストリジウム・ボツリナムが主成分で、もともと、眼科や神経内科で、眼瞼・顔面痙攣などの治療で使用されていたものです。その薬理作用はアセチルコリン分泌阻害です。そのため、皮膚についてしまった表情筋の収縮シワなどを消すのにとても効果的なのです。これまで、表情筋のシュシュ区シワを治すための手術などが行われていましたが困難なのが現状でした。ボトックスは注射を行うのみで、絶大な効果を得ることができるのです。

体への弊害はないの?

ボトックスを注入すると、オデコや眉間、目尻などにできる表情人によるシワにとても黄河があります。ただし、ボトックス注入後、数時間頭痛がしたり、まぶたが重たく感じたり、眼瞼や眉毛の下垂が起こる場合もあります。ただし、これは注入量が多すぎた場合などに発生することが多いです。しっかりとした医師にしっかりとしたカウンセリングを行ってもらいながら、注入量をよく検討してもらったほうが良いでしょう。注入量さえ間違えなければ、特に副作用は認められていません。

施術方法によっては小顔が手に入る

シワ取り治療として有名になったボトックスですが、エラを小さくすることで小顔に見せる効果を狙うことができます。具体的には、ボトックスをエラの部分に注入することで、エラ部分を引き締めることによって小顔に見せることができるのです。また、ボトックスの注射料と注射位置を上手にコントロールすることで、アーチ状の形の良い顎のラインを作ることができるのです。従来の小顔整形は、顔にメスを入れて骨を削ったりするような大掛かりな手術が必要だったのが、ボトックスにより手軽に行えるようになったのです。

ボトックスとはボツリヌス菌の毒素ボツリヌストキシンを元に作られた薬剤を用いた治療法で、筋弛緩作用を応用したものです。エラ取り皺取りなどの美容整形にも利用されています。