暴飲暴食だけが肥満の原因じゃない?今すぐ改善したい生活習慣

軽い運動から始めて!

老化や運動不足が原因で基礎代謝が低下してしまっていることが肥満を促進させることにもつながります。人間の体は、毎日休むことなく呼吸を繰り返し、心臓が拍動し続けています。また、心臓だけでなく腸でも蠕動運動が絶え間なく行われています。このように、生きるために体内で行われている活動を維持するエネルギーが基礎代謝です。しかし、運動不足などが原因で代謝が悪い体になってしまうと、エネルギーの消費量が減り、肥満になりやすい体になってしまうのです。毎日少しずつ運動する習慣をつけてみましょう。

便秘も肥満の大きな原因?!

食事で食べたものは胃や腸で消化、吸収され、栄養として取り入れられなかった、余分な糖分や脂質が便として排出されます。しかし、便秘でこれらの余分なものが排出されないと、水分とともに再度体内に吸収されてしまうのです。便秘を解消するには、食生活の見直しが重要です。糖分を過剰に含んだ甘いお菓子や、脂質の多いお肉などを食べ過ぎてはいませんか?食物繊維が豊富な野菜などを積極的に食事に取り入れるように心掛けてくださいね。

自律神経の乱れにも気を付けて!

自律神経が乱れたり、ホルモンのバランスが崩れることも肥満の要因につながります。毎日の生活の中で、様々なストレスを受けていますよね。ストレスがたまると、自律神経の交感神経が優位な状態になり、体内にエネルギーをため込みやすくなるなど、体の様々な機能に影響を及ぼします。ストレスの他にも更年期や生活の乱れによって自律神経のバランスは崩れやすいのです。少しでもストレスを解消できるように、音楽を聴いたり、軽く運動するなど、自分に合った方法でリラックスする時間を作ってくださいね。

肥満治療の設備が充実しているクリニックにおいては、進呈的な悩みを抱える患者の受け入れが活発に行われています。